FC2ブログ

パブ de ごはん

私はイギリスのパブを酒場というより、ファミレスとして利用している。

先進国中、受動喫煙対策が最も遅れている日本では、
お酒も食事も楽しめるお店を探すのにほんと、苦労する。
子連れのファミリーだったら、
いわゆるファミレスの禁煙席ぐらいしか選択肢がないわけ?

パブにも飲酒専用や、大画面でスポーツ観戦タイプなどいろいろあるが、
私が好きなのは田舎の古い建物で、

s_P7191619.jpg

s_P1012315.jpg

s_P1011892.jpg

歴史を感じさせる家具調度品、
広々と食事用座席のスペースをとっている店だ。

家族での利用はもちろん、ひとりでランチをするにも気兼ねなく入れる。

s_P1011551.jpg

今どきはどんな田舎のパブでもベジタリアン・メニューはあるし、
店によってはヴィーガンや、ノン・グルテンにも対応している。

私は魚料理をいただくことが多い。

s_P6291526.jpg

s_P1012135.jpg

こちらは、フィッシュ・ケイクと呼ばれるパブの定番料理で、
魚のほぐし身がたっぷり入ったコロッケのような一品。

s_PB131262.jpg


最近はアジアン料理もちらほら見かけるようになった。
これ、てんぷらプレートって言われても、ちょっとつらいけど・・・

s_P7311863.jpg

家族はラム肉の郷土料理や分厚いステーキに舌鼓を打つ。

サンデー・ローストと呼ばれる、
ローストビーフに茹で野菜とヨークシャー・プディング添えを
日曜のお昼に目指してやって来る家族もいる。

s_beyf.jpg

極太サイズのチップス(フレンチ・フライ)もたいていの料理に添えられていて、
ビールやサイダー(りんご酒)にぴったり。
メニューはどれもボリューム満点で値段も手ごろ。

s_DSC_0109.jpg

s_P7311862.jpg 

カウンターの周りで立ち飲みする人たちは常連さんが多いのか、
店の人たちも交えて、賑やかにおしゃべりに興じている。
適度に賑やかだから、子供たちのはしゃぎ声にも寛容だ。

s_P8281693.jpg

犬連れの人も多く、犬たちがおとなしく床にうずくまっている光景もよく見かける。

飲める人も、飲めない人も、大人も子供も、
みんなで楽しめるパブが日本にもあったらな~。

せめて、全飲食店の完全禁煙を!

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

イギリス、カフェ事情

イギリスのカフェでうっかりコーヒーを頼んではいけない。

イギリスのコーヒーは紅茶よりも色が薄い。

エスプレッソマシンがあるからと言って、
本場イタリアのようなカプチーノなどを想像してはいけない。

出てくるのはたいてい、
大きなカップに入った泡ブクブクの、コーヒーの香りがついたミルク。

「ドライにしてね」と頼むと、
ブクブクを少な目にしてくれるが、
ミルクの温度が高すぎるのか、コーヒーとの融け具合がいまいち。

クリーミーな泡立ちとコーヒーの融合カプチーノに出会える可能性はかなり低いのだ
が、
あるにはある。

そしてそれは、フラット・ホワイトと呼ばれている。

今年初めて聞いた言葉だ。

s_P1012472.jpg


確信がない限り、紅茶を頼めば安全だ。

どんなに安物のティーバッグでも、
濃ゆ~い紅茶にたっぷりミルクが入ったイギリス式ミルク・ティーが
間違いなく美味しいのは、水の違いではないかと思う。

茶葉を直接ポットに入れる伝統的なティールームも、田舎にはまだいっぱいある。

イギリス人の友人の娘が10歳ぐらいの時、
スペインへホリデーに行った時の話をしてくれた。

「スペインにもマクドナルドがあってね、
そこでお茶を頼んだら、何が出てきたと思う?
カップに入れたお湯と、ティーバッグとミルクを別々にくれたのよ!信じられる?」

確かに・・・
イギリスではマックでさえ、お茶といったら濃厚なミルク・ティーなのだ。

s_P1011994.jpg

Dirty Business / 汚い商売

Drawn by the big sign saying “Free to enter” and “Cathedral at Height”, as we, the innocent tourists, entered the cathedral, were suggested to donate £3 each at the till inside. Gave 5 for 2 and received the receipt mentioning “admission fee - £0”, convincing ourselves that it's fair enough for us to go up the tower for a nice view. AND we came to know only at the entrance of the tower that it costed an extra £8! I call this a dirty business.

s_P1012482.jpg


チェスター大聖堂の前にでっかく「入場無料」の看板。

その後ろには、「高層の大聖堂」と、タワーへのツアーを誘っている。

無垢な観光客の我々は当然、看板に釣られて中へ入った。

奥へ進むとレジを構えた受付嬢に「何名様ですか?」と引き留められる。

「大人二人です。無料なんでしょ?」

「入場料は設定していませんが、おひとり3ポンド程度の寄付を推奨しております。」

だと。

一瞬ためらったが、娘はすでにお財布を出している。

「1ポンドでいいんじゃない?」・・・と私。

娘は結局二人分5ポンドを寄付した。タワーにまで上れるならそれくらい出してもいいと思ったそうだ。

受付嬢から“入場料0ポンド”と記されたレシートを受け取った時、「これはやられた!」と思った。

やるね、イギリス国教会。

オショーの教会ジョークは誇張じゃなかった。

悔しかったが、気を取り直してタワーへ。

薄暗いタワーの登り口。そこで初めて、別料金8ポンドと知るのであった!


Country Life / 田舎暮らし

This pritty little town has no Mc Donalds nor Star Backs but many private independent shops and cafes with their nostalgic appearance instead. Even a plan for building another supermarket Sainsbury has been rejected recently.
この小さな町トッドモデンには、マクドもスタバもなく、レトロな店構えの個人商店やカフェが今も頑張っている。大手スーパー、センズベリーの建設計画は住民の反対により最近却下された。

L : My favourite antique shop and organic shop with cafe.
左:アンティーク・ショップと自然食品店(2階はオーガニック・カフェ)
R : I love my temporary kitchen because of all these Le Creuset pots. I must take the brown one with a handle which I've found in the antique shop for £5 home.
右:今、家主が留守なのでキッチン独占中。これ全部、ル・クルーゼ。最近アンティークショップで見つけた茶色の片手なべは日本に持って帰ろう。
P8061647_convert_20110823005654.jpg P8201675_convert_20110823003637.jpg

L : Egg Cage / 卵ケース
R : Free Range Chickens / 平飼いのニワトリさん
P8201677_convert_20110823003739.jpg P8141668_convert_20110823003433.jpg

可愛いパッケージとまんまな風景。
P8201678_convert_20110823003834.jpg P8211698_convert_20110823004306.jpg

The public footpath is one of the England's treasure. Sometimes you go through people's private propaties.
イギリスの宝、公共遊歩道。時にはよそのうちの庭を横切ったり。
The warning sign doesn't mean you can't go as long as the gate is open.
「地質的に不安定」との警告。それでもゲートが開いているのは「自分の責任において行ってもよい」ということらしい。
P8141671_convert_20110823003531.jpg P8141666_convert_20110823003341.jpg

Calderdale Way / Heath
P8211695_convert_20110823004101.jpg P8211697_convert_20110823004202.jpg

P8211683_convert_20110823004513.jpg P8081654_convert_20110823003216.jpg

テーマ : 海外生活
ジャンル : 海外情報

The Rochdale Canal / 北イングランドにて

The average temperature must be around 18℃. This is meant be the summer in North England and I love it.
I've enjoyed an 8 miles of return walk from Todmorden to Hebden Bridge along the canal.
イギリス、なう。
暑中お見舞い申し上げます。こちらは平均気温が18℃前後という涼しさ。
トッドモデンからへブデンブリッジへ運河沿いに往復約13キロを歩いてみた。

Starting from Todmorden, Lancashire.
今滞在しているトッドモデンから出発。ここはランカシャー州。
P7111611_convert_20110712212621.jpg

P7111609_convert_20110712220053.jpg P7111576_convert_20110712220239.jpg

P7111610_convert_20110712220510.jpg P7111589_convert_20110712220359.jpg
私が最もイギリスらしいと思う田園風景
P7111578_convert_20110713053838.jpg

P7111583_convert_20110713054041.jpg
なぜか、「きつねの手袋」という名の植物。
P7111587_convert_20110713054219.jpg P7111605_convert_20110713054338.jpg
へブデンブリッジの少し手前で一休み。
P7111595_convert_20110713055305.jpg P7111591_convert_20110713060619.jpg

Hebden Bridge, West Yorkshire
へブデンブリッジに到着。ここは、西ヨークシャー州
P7111597_convert_20110713055437.jpg
How to eat tasteless sandwich. / 塩気のないサンドイッチを美味しくするワザ。 
P7111598_convert_20110713055532.jpgP7111600_convert_20110713055624.jpg
帰り途はパブで地元のサイダーを。
P7111603_convert_20110713055733.jpg P7111593_convert_20110713060525.jpg
You know, I really enjoy the nature without mosquitos...
何がいいって、水辺でも蚊がいないこと。
P7111590_convert_20110713055054.jpg P7111569_convert_20110713063708.jpg










テーマ : 海外生活
ジャンル : 海外情報

Profile / プロフィール

devayoko

Author:devayoko
通訳・翻訳者、瞑想指導者、ボディーワーカー、クリーン・ファシリテーター。
1986年より、ヨガ、瞑想、心理セラピー、ボディーワーク、ダイエット体験を深め、2000年より、マッサージ・セッションを開始。
日本、インド、イギリス、イタリア、デンマーク、オーストリア、トルコで世界中の老若男女にセッションをした豊富な経験を持つ。
2013年、英国クリーン・ラーニングのトレーニングを終え、公認ファシリテーターとなる。

真に人を自立に導く、まったく新しいコーチング・メソッド、「ク-ン・ランゲージ」のセッションを随時行っています。まずは、約20分の「リソース育てのミニ・セッション」(無料)をお試しください。(スカイプ可)

http://www.cleaninquiryjp.com/

New Release / 最新記事
Categories / カテゴリ
Links / リンク
Coments / 最新コメント
Archives / 月別アーカイブ
Search / 検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる