FC2ブログ

Happy Mother's Day

I will go on supporting my daughter in the same way my mother did to me even though she didn't understand me.

Every daughter feels pain for not fulfilling her mother's expectations and hopes.

The pain becomes sweet when we share it with an open heart.

And it feels like love.

Very Happy Mother's Day to all the mothers and daughters!

s_P1012263.jpg


スポンサーサイト



A Man Out of the Sphere / 圏外の人

“Outside world is nothing but the reflection of your interior world.”......this is so true and so accurate about myself and others around me. Just a simple example I've realised recently is that all my ex-boyfriends are either type 4 or 9 in enneagram. Obviously my main character (the female) is 4 and the sub character (the male) is 9. Isn't it incredible what my unconscious mind does?
「外の世界は自分の内面世界をそっくり映し出したもの」・・・瞑想や自分自身へのワークを続ければ続けるほど、これが紛れもない真実であることがわかってきます。自分を見ても、周りの人々を見ても、それは本当にそうなのです。最近気がついた単純な例では、私がこれまで付き合ってきた男性は、エニアグラムの4番か9番ばかりでした。私のメイン・キャラ(女性性)は4番で、サブ(男性性)が9番です。もちろん、最初から知ってて好きになるわけではないので、無意識にそういう人を毎回選んでいるということです。くわばら、くわばら・・・

Hating my father and brother and believing my story that men always humiliate women, I inevitably happened to be humiliated by men no matter how carefully I chose a type of men totally opposite of my father and brother and usually not Japanese. But eventually I'm letting go of the negative believes, starting to respect men in general with the female energy no longer dominating nor rejecting the male energy, and the relationship is no more in my top 10 list of the priorities...I am happy alone. And here comes a new boy friend! You see, existence doesn't allow me to be in the pseudo state of enlightenment.
父親や兄を憎んで、男は女を侮辱するものだと思い込んでいた時は、それを避けるためにどんなに父や兄と正反対の男(当然、外国人)を選んだつもりでも、結局は屈辱的な思いをする結末になったものです。長い年月をかけて、ネガティブな思い込みを手放し、男性全般に敬意が持てるようになり、女性性が男性性を支配したり、拒絶することを止め、優先項目のトップ10にリレーションシップがなくなった途端、新しい恋人ができてしまった。ひとりでハッピー、なんちゃってエンライトメントは瞬く間に化けの皮を剥がれるのでありました。

And that's not all, he's a man outside of the sphere, meaning a Japanese. Outside of the sphere for me means physically closest. Naturally enough, we meet several times a week, we both speak in our mother tongue, and no explanation is needed when eating Japanese food. This is all too easy and I feel somehow discouraged.
しかも相手は圏外の人、つまり日本人でありました。私にとって圏外の人とは、物理的に最も近い距離にいる人を指すので、当然、週に何回かデートをしたり、お互いの会話が同じ母国語どうし、和食を食べるのにいちいち説明する必要がなかったりと、あまりにも楽すぎて拍子抜けするほど。

However, speaking in mother tongue with a lover is not only easy but too real. English wards, especially love words and fighting wards, for me don't carry the same weight as Japanese ones do, so I could say anything in English as if playing a role. English “I love you” is not much different from a “hello” but a Japanese phrase “I like you” penetrates my marrow. The highest possible abusive ward in English couldn't touch me, but I'll have to be ready to receive such words in Japanese sooner or later when our honeymoon ends. How come that just a Japanese word “anata”, meaning “you”, can be so embarrassing? When we bother to say “you”, it stands out as the subjects are often omitted in Japanese. Replacing “you” with his name all the time is not natural either. I guess, English “you” for me is nothing more than the grammatical functions such as subject or object.
ところが、この母国語どうしで話すというのは、楽なのを通り越して、実に生々しいのです。英語はどんなに慣れているつもりでも、いちゃいちゃ語や、けんか言葉に重みがなく、どこか劇のせりふをしゃべっているような節がありました。英語の「アイ・ラブ・ユー」は「ハロー」とたいして変わりない。でも日本語で「好きなんだよ」なんて言われたら、骨の髄まで届くじゃないの。罵り言葉最大級「フ○○クユー」と言われても堪えない。でもそろそろハネムーンの終焉に備えて、日本語のケンカは相当覚悟しておかなくちゃ。センテンスの中の「あなた」という言葉ひとつだって、恋人に使うのはなんて恥ずかしいんだろう。日本語は主語を省略することが多いから、あえて「あなた」と言うときは、本当にこの言葉は際立つ。かといって「あなた」をすべて名前に置き換えても不自然だし。私にとって英語のyouには主語や目的語という「役割」以上の重みがなかったのだと実感しました。

Anyway this is all too new to me, as fresh as buds in the spring.
こんな体験は初めてです。本当にドキドキして毎日が新鮮生たまご!

テーマ : 恋愛
ジャンル : 恋愛

Profile / プロフィール

devayoko

Author:devayoko
通訳・翻訳者、瞑想指導者、ボディーワーカー、クリーン・ファシリテーター。
1986年より、ヨガ、瞑想、心理セラピー、ボディーワーク、ダイエット体験を深め、2000年より、マッサージ・セッションを開始。
日本、インド、イギリス、イタリア、デンマーク、オーストリア、トルコで世界中の老若男女にセッションをした豊富な経験を持つ。
2013年、英国クリーン・ラーニングのトレーニングを終え、公認ファシリテーターとなる。

真に人を自立に導く、まったく新しいコーチング・メソッド、「ク-ン・ランゲージ」のセッションを随時行っています。まずは、約20分の「リソース育てのミニ・セッション」(無料)をお試しください。(スカイプ可)

http://www.cleaninquiryjp.com/

New Release / 最新記事
Categories / カテゴリ
Links / リンク
Coments / 最新コメント
Archives / 月別アーカイブ
Search / 検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる