FC2ブログ

クリーン・ランゲージが推奨される10の理由 / 10 Reasons Why Clean Language is Recommended

1 ファシリテーターの影響を受けないから、安心、安全。
2 自分で答えをみつけるので、自信がつく。
3 自分に問いかける習慣が身につき、人に頼らなくなる。
4 セッションの結果が自己満足に終わらず、現実世界に反映される。
5 何度かセッションを受けるうちに、自分のパターンに気がつく。
6 絵を描くなど、課題を実行することでセッション後も内容が発展していく。
7 スカイプがあれば、どこでもセッションを受けられる。
8 ファシリテーターとの上下関係をつくらない。
9 健康、心理、人間関係、教育、仕事、経済など、人生のあらゆるジャンルに対応できる。
10 何度受けても中毒しない。禁断症状なし。

この10項目すべてに当てはまるセラピーって、他にありますか?

http://www.cleaninquiryjp.com/

1 Safe and absolutely harmless because you won't be influenced by the facilitator in anyway.
2 You'll feel confident because you'll find the solution within yourself.
3 You'll get used to self-inquiry and become less dependent on others.
4 You won't be only satisfied with the result within the session, the result will be reflected in your actual life.
5 You'll become aware of your repetitive patterns after several sessions.
6 The session's result goes on developing as you carry out the assignments such as drawing pictures.
7 Session is available wherever you are in the world if you have an accsess to skype.
8 No top and bottom relations with the facilitator.
9 Applicable to all aspects of life such as health, psychology, relationship, education, business, finance... etc..
10 No matter how many sessions you take, you won't be addicted, no withdrawal symptoms.

Do you know any therapy method other than Clean Language that can satisfy all those 10 items?


http://www.cleaninquiryjp.com/

index-2

スポンサーサイト



ノー・マインディー / Not Mindy

クリーン・ランゲージについて、よくサニヤシンから「マインド使うワークなんでしょ?」と聞かれます(微かに軽侮のトーンを匂わせて)。確かに意識的にマインドを使います。マインドに使われるのでなく。ファシリテーターとしてマインドを意識的に使っているとき、マインディーになっているヒマはありません(笑)。だから、瞑想的で、クリエイティブなのです。

そして、クライアント側は、質問に答えていくうち、無意識マインドにアクセスし、いわばトランスの状態に入っていきます。セッションを体験した方や、デモ・セッションをご覧になった方はご存知と思いますが、この状態の時、やはり人はマインディーではないのです。どうぞお試しあれ!

クリーン・ランゲージ流「リソース育てのミニ・セッション」無料プレゼント、フル・セッションは半額にて提供中!
http://www.cleaninquiryjp.com/

Sannyasins often ask about Clean Language, "So it's a work you use the mind?" in a slightly derogatory tone. Yes, we use the mind consciously, and we are not to be used by the mind. There's no time to be mindy when you are using the mind consciously!

As a client, you access your unconscious mind consciously as you answer the Clean Questions. It is obvious that there's no way to be mindy in such a state of trance too.

You are welcome to try a free mini session called “Nourishing Your Resource”.

You will experience your resource (a gift, a talent, or a quality which you have and you like), growing from a conceptual word to an alive embodiment just by answering Clean Questions that are designed for you to connect with your unconscious mind, full of knowledge and wisdom.

Available at Intouch Sessionroom in Tokyo or on skype.
Free of charge for 20-25 mins.

http://www.cleaninquiryjp.com/


img_1508310_65574005_0.png

Marian's Session / マリアンのバインド・セッション

During the CL facilitator training I received a session from Marian dealing with binds. It was about the chronic disease I’ve been suffering from for a long time. I’ve already received many psycho-therapy and healing sessions for this issue and they were all quality sessions facilitated by trustworthy professionals. Although each session itself was so profound that gave me more awareness on the relationship between the disease and myself, none of them cured the disease. Various bodywork, supplements, and diet methods gave me temporary relief but the symptoms of the disease kept on recurring. This time again, some practical steps that I can certainly take have emerged from my subconscious mind. I don’t know the result yet. Apart from that, the most important insight I’ve learnt with this session is to accept the fact that some bind case has to be lived with. And this understanding of the acceptance can be a valuable knowledge when I give sessions to people. In the session I used the words, “a blessing in disguise”, developed into “a gift wearing devil’s clothes”. Now the gift’s real nature is discovered. Thank you Marian!

マリアン先生からバインド(二つの矛盾したアウトカムの葛藤)を扱うセッションを受けました。私が長年患っている慢性病についてでした。これまで、ありとあらゆるセラピーやヒーリングを受けてきました。それらはみな、私が信頼するプロ中のプロたちによる、質の高いセラピーで、セッション自体は大変素晴らしく、病気と自分の関係に多くの気づきをもたらすものでした。でも、病気は治らなかったのです。セラピーに限らず、様々なボディーワーク、サプリメント、入浴剤、ダイエット法も同じような結果で、一時的には効いても、再発を繰り返しました。今回もセッションの中で、自分にできるいくつかのステップが無意識層から明らかになりましたが、結果はまだわかりません。今回私が得た大きな洞察は、“共生していくしかない”ケースもあるということ、そして“それを理解し、受け入れる”ことが、私が人にセッションをするうえでの貴重な知識になりうるのだということでした。セッションの中で私の病気は“a blessing in disguise”(のちに“悪魔の格好をしたギフト”に発展)という言葉が出てきました。このギフトの正体が今はっきりわかったというわけです。




テーマ : メンタルヘルス・心理学
ジャンル : 心と身体

Clean Language 2 / クリーン・ランゲージ 2

すっかりハマってしまったクリーン・ランゲージ、無料のモニター・セッションを受け付け中。リピートする方も最近増えたので、2回目以降は3000円いただいています。これは本当に新しいタイプのセッションで、毎回新鮮な驚きと発見の連続です。目の前でクライアントの心の情景が浮かび上がり、次第に変化する様は、なんだか二人で3D映画を見ているような楽しさです。どんな人でも、問題解決に近づく糸口を自分で見つけ、その人なりのやり方で目標に向かって歩いたり、走ったり、休んだり。気がつくと目標がガラッと変わっていたり。それが毎回毎回、私には思いもよらない、その人だけのオーダー・メイド。そこには私の憶測や判断など全く入り込む余地もなく、いつも頭の下がる思いです。

I'm fascinated by facilitating the cutting-edge therapy, Clean Language. What every client discribes is a colourful 3D landscape or his own treasure hunting map. And we enjoy watching it as it keeps moving and changing like a movie. There's no space for my ideas, assumptions or judgements to be in the movie. It's 100% custom -made! I feel absolutely humble to see the client coming closer to his desired outcome, by walking, running, or sometimes by resting, anyway all by himself. Yoko's feedback session is now free of charge (3,000 yen for and after the second session), available in English and Japanese, also available on skype with videocam. Please send me your feedback a few days after the session.

ビデオ付スカイプでのセッションも受け付けています。
セッション数日後に感想をお聞かせください。

以下、感想の一部をクライアント様の了解を得て、アップしました。


ランゲージというからには左脳を使うセッションと思い込んでいましたが、
最後まで、イメージの世界、右脳を使いましたね。
驚きです。

「あー苦手だな~、右脳を使うの。信頼もないし~」
そんな声が度々内側に聞こえました。

「それは、何の様ですか?」と聞かれるたびに、なにか核心からずれていくような、不安な気持ちがしました。
身体感覚から離れていくような、夢の世界に連れて行かれるような。

でも、あるポイントが訪れ、身体感覚をともなったイメージへとジャンプしたかのように感じ、
それにともなって、「クリーン」に、言葉が聞こえてきました。
なんのジャッジもなく、不安もなく、この場に応答するような姿勢から言葉がでてきました。

セッションのあと、
セッション中に私が見たイメージが、実際は何であるのかが不思議とはっきりとしてきて、
今も、最後に見えた大きな海と、夕日を望む光景が、私に勇気を与え続けてくれています。
40代・女性


○○との関係がスッキリするといいなと思いお願いしたセッションでしたが、○○が別人に見える程となり、す ごく効果が解りやすかったように思えました。他の人との人間関係の距離の取り方も以前より楽になってきたように思えます。相手を喜ばせる事を優先してしまい、本音がなかなかいえなかったのですが、自分のペースで距離を取れたり、無理せず言える事は言えるようなってきたのかなと思いました。クリーンランゲー ジでは、いい感触は残っていますが、どんな話をしたかは殆ど忘れてしまったので、少しもったいない感じもしました。質問をされて答えて行く作業は少し難しくも感じる事もおおかったですが、終わった後のスッキリ感はたくさんありました。
20代・女性

テーマ : メンタルヘルス・心理学
ジャンル : 心と身体

Clean Language / クリーン・ランゲージ

Clean Language is a neuro linguistic programming technique founded by a New Zealand born consulting psychologist David Grove in the 1980s that is used especially in psychotherapy and coaching.

クリーン・ランゲージは、ニュージーランド出身の心理カウンセラー、デヴィッド・グローブが心理セラピーやコーチング用に創案した神経言語プログラミングの技法です。

P3241889_convert_20130417163133.jpg P4171842_convert_20130417171039.jpg

Therapies, including bodywork, have been evolving every day. Through learning this new technique Clean Language, I've come to know that the therapies are actually coming closer to meditation. Therapies that work on clients' problem directly were the norm 2-3 decades ago and this approach still seems to be successful today in the marketplace around the world. My meditation master Osho had encouraged us to go through therapies as a preparation for meditation even at that time. It was noticeable when so called resource work started popping up out here and there in the west. The work has changed in such a way that without touching the wound (problem) the therapist supports and nourishes the healthy quality (resource) that the client already has. Such resource work based on the idea that it is the client who has the answer (solution) works better when the therapist interfers less in the client by assuming, suggesting, or/and encouraging. Clean Language is a new way of using words to avoid the interference. Keeping the relationship between the client and the therapist as clean as possible, Clean Language supports the client to find his own path for his desired outcome and to walk on his own.

ボディーワークも含めてセラピーは日々進化しています。このクリーン・ランゲージという技法を知って、セラピーがいかに瞑想に近づいているかを目の当たりにしました。20~30年前は問題に直接働きかけるセラピーが主流で、今も巷ではそのタイプが健在です。そしてその当時から瞑想の恩師Oshoは、ストレス社会に生きる現代人がセラピーを瞑想の準備として利用するよう、奨励していました。その後、欧米でちらほらとリソース・ワークが始まり、傷口(問題)には直接触れず、クライアントがすでに持っている健全な質(リソース)をさらに育てていくという方法に変わってきました。答えはクライアント自身が知っているという前提のリソース・ワークはセラピスト側の介入(推測、助言、励まし等)が少なければ、少ないほどうまくいくので、その介入を避けるための新しい言葉使いがクリーン・ランゲージです。クリーン・ランゲージはクライアントとセラピストの関係をクリーンに保ちつつ、クライアントが自分の思い描く人生を自分で見つけ、自分自身の足で歩んでいけるようサポートします。

555080_10151383177649671_1701670807_n_convert_20130417163953.jpg 480439_10151383173384671_1229463411_n_convert_20130417163844.jpg

Clean Space is a developed version of Clean language which takes a dialogue form, and the farther developed version of Clean Space is Emergent Knowledge. In these sessions the client doesn’t need to tell his issue (problem, trouble, or desired outcome) to the facilitator. The facilitator, without knowing your issue, facilitates by repeating some simple questions, the client finding clues for the answer from different viewpoints. What a relief to know God within. “There's nobody else but me who knows better!”

対話形式のクリーン・ランゲージをさらに発展させた形がクリーン・スペース、そのさらに発展形にエマージェント・ノレッジというセッションがあります。このセッションでは、クライアントはファシリテーターに自分のテーマ(問題、課題、目標、願望など)を語る必要もありません。一定のスペース内で立ち位置を変えるたびに、無意識層から智恵ともいうべき洞察がやってきます。トレーニング中何度もクライアント役になり、自分自身から泉が湧き出るような感覚を味わうことで大きな自信につながりました。「私以上に答えを知っている人はいなかったんだ!」と。

184987_10151383173519671_1158718094_n_convert_20130417163753.jpg 734298_10151383178759671_478930104_n_convert_20130417164104.jpg

I've started paying more attention to our ordinary conversation in every aspect of my life since the Clean Language Training. I've understood why misunderstandings occur between us. You never know if your kind suggestion or encouragement is not only unhelpful but harmful. Unfortunately many body workers are either indifferent or interferential and therefore unclean. As a chronic disease patient myself, I know how a single word of a body worker, a healer, a therapist, or a doctor could influence the client dramatically, no matter what he does physically.

CLのトレーニングを終えてから、日常の会話に注意深く耳を傾けるようになりました。家族、友人との会話になぜ誤解が生じるのか理解しました。また、相手への助言、励ましが相手を深く傷つけることもあるのだと気づきました。体を扱うボディーワークの中にもリソース・ワークは様々ありますが、その言葉使いも含めてクリーンと言えるものはそう多くはないでしょう。私自身、長年の慢性病で数えきれないほどのボディーワーカー(医者を含む)にお世話になった経験から、言葉の持つ影響力は物理的な治療を凌ぐものだと実感します。


Because Clean Language makes people more responsible and spontaneous, the technique has been applied to the business and education in the western world. I'd love to keep studying and practicing Clean Language, hoping it will spread throughout Japan too.

クリーン・ランゲージはクライアントの責任感や自主性を育てるという効果から、欧米ではすでにビジネスや教育現場で活用されています。日本にもこの素晴らしいワークが広まるよう、研究と練習を重ねたいと思います。

Clean Language in Japan
日本でのクリーンランゲージの活動
こちらからワークショップやトレーニングに参加できます。
クリーン・ライフ

Clean Language in UK
Clean Learning

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

Profile / プロフィール

devayoko

Author:devayoko
通訳・翻訳者、瞑想指導者、ボディーワーカー、クリーン・ファシリテーター。
1986年より、ヨガ、瞑想、心理セラピー、ボディーワーク、ダイエット体験を深め、2000年より、マッサージ・セッションを開始。
日本、インド、イギリス、イタリア、デンマーク、オーストリア、トルコで世界中の老若男女にセッションをした豊富な経験を持つ。
2013年、英国クリーン・ラーニングのトレーニングを終え、公認ファシリテーターとなる。

真に人を自立に導く、まったく新しいコーチング・メソッド、「ク-ン・ランゲージ」のセッションを随時行っています。まずは、約20分の「リソース育てのミニ・セッション」(無料)をお試しください。(スカイプ可)

http://www.cleaninquiryjp.com/

New Release / 最新記事
Categories / カテゴリ
Links / リンク
Coments / 最新コメント
Archives / 月別アーカイブ
Search / 検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる