FC2ブログ

3 movies / 3本の映画

108.jpg

I was watching a movie called “Tears of Love” in the movie called “The Artist” which is within another movie called “Ups and Downs”.
I didn't care about “Tears of Love” because it was far removed from the truth.
With “The Artist”, Yoko (the main actress of “Ups and Downs”) got identified with the emotions of the actors but the emotions didn't continue when the movie "The Artist" was over. She said "it was a good movie with great acting".

What to say about “Ups and Downs”...it's a spiritual love comedy which goes on and on...shot in Japan, India, and Europe, with an all star cast from all parts of the world including the main actress whose realistic acting touches your heart, full of dance, music, tears and laughter. Sounds like Bollywood? Well it's longer. It's been just too long even with breaks called meditation. I want “The End”.

「アップダウン劇場」という映画の中の「アーティスト」という映画の中にもうひとつ「愛の涙」という映画がありました。「愛の涙」はあまりにも真実からかけ離れているので、どうでもいい映画でした。
Yoko (アップダウン劇場の主演女優)は、「アーティスト」の役者たちに感情移入して時々ホロっとしてました。でも映画が終わったら、「いい演技だったね」と笑っていました。

延々と続く超大作「アップダウン劇場」はスピリチュアル・ラブ・コメディー。ロケ地は日本、インド、ヨーロッパ、世界各国の豪華キャスト、迫真の演技力を誇る主演女優は特にイケてる。全編通して繰り広げられる歌と踊り、笑いあり、涙あり。(ボリウッドか?)しかし、思うのよ、いくら瞑想という名の休憩時間があっても、長い、長すぎる。いいかげん、「ジ・エンド」にして欲しい!
スポンサーサイト



テーマ : その他
ジャンル : その他

The Evolution / 進化の過程

My youth was in the darkness.
The training days were too painful.
In this rosy days in my 50s, there is one very last unfinished business...

暗い青春時代、
苦しい修業時代、
50過ぎて人生はバラ色になったものの・・・

From the perception of the evolution it must be very important to be rich materially and spiritually in the dimension of the duality. Just as Gautam the Buddha, 2600 years ago, felt utterly frustrated with his wealth which no one can ever get and left everything behind in order to attain his very last desire “freedom”, this process of the evolution must be the intension of existence or the home of the soul itself to let every soul arrive home. They all seem to be equally precious effort to come home including doing the job they don't like in order to earn money, trying to find a meaningful job, making themselves attractive in order to meet the soul mate, all the theray groups, trainings, and all the techniques of meditation.

二元性の次元において、物質的にも精神的にも豊かであることは、進化の過程という観点からすると、とても大切なことなのでしょう。2600年前、仏陀がこの世の贅のかぎりを尽くしても満足できなかったように、誰にも止めることのできない「自由になりたい」という渇望にかられてすべての富と地位を放棄したように、魂が我が家に帰りつくまで、我が家そのものである存在はそのような進化の過程をお膳立てしてくれたのでしょうか。お金を稼ぐために嫌いな仕事をすることも、やりがいのある仕事を見つけようとすることも、ソウルメイトと出会うために自分磨きに精を出すことも、セラピーグループもトレーニングもすべての瞑想の技法も、みな等しく尊い努力だと思えるのです。

Meditation is not meaningful for a Buddha, for one who has attained the wholeness of his being. Meditation is a medicine; it has to be thrown. Unless you become capable of throwing your meditation, you are not healthy. So remember, meditation is not something to be carried forever and ever. The day will come when the meditation has worked and it has no longer needed. Then, you can forget it.
Osho from "The Orange Book"

瞑想は、覚者、存在を丸ごと達成した者には無意味だ。瞑想は薬だ。捨てなければならない。薬を捨てられるようになるまでは、健康ではない。だから覚えておきなさい。瞑想は永遠に持ち歩かなければならないようなものではないということを。瞑想がよく効いて、もう必要ではなくなる日がやってくる。そうしたら忘れていいのだよ。
Osho 「オレンジブック」より

テーマ : その他
ジャンル : その他

A Thirst for Freedom / 自由への渇望

2012年5月の新緑に包まれて、日がな一日公園で過ごす日々が続いています。ベンチに坐って、限りない欲望の中から最後に残った魂の切望「自由になりたい」を心の中で繰り返していると、毎日必ず一羽の真っ黒なカラスが私の真横にやってきて、ひざの上に広げられたプンジャジの言葉を盗み読むのです。
Sitting in the park all day surrounded by the fresh green leaves of May 2012 has been my habit these days. Repeating the very last wish out of thousands of others “I want to be free”, I notice that a big black crow comes right next to me and starts reading the words of Poonjaji over my shoulder.

「自由を獲得するために、この強烈な決意を抱きなさい。これがあれば源に辿り着くことができる。この強烈な決意は一生に一度しか起こらないかもしれない。だが、一度で充分なのだ。何百万年もの間、転生を重ねたあげく、今ようやく人間としての生を得た。そしてこの生で、自由を見いだそうとする稀有な決意を抱くことができた。それは実に稀なことなのだ。」
“In order to acquire freedom, feel an urge to get it. Then you would manage to reach the source. This intense decision may happen only once in a lifetime. But once is enough. You have come to this life as a human being after repeating millions of times of transmigration and in this life for the first time you have come to feel such a rare urge to be free. It is really rare.”


幾生か前、私だったかもしれないカラスに言ってやりました。「百万生早いんだよ、あんたには。まだ自分が自由でないことにすら気がついてないっしょ。人間になるまであと数百生、それからサンサーラの次元で何百生も苦しみな。私だって苦労したんだから。」
「カァ~」
I told the crow who could have been me some lives ago, “This is not yet for you darling. You don't even know that you are not free, do you? Hundreds lives more to become a human being and hundreds and hundreds more to be suffered in the dimension of samsara, the duality. You don't know what kind of hell I went through!”
“Caw...”

P4291746_convert_20120501182744.jpg


テーマ : その他
ジャンル : その他

A Principle of Love / 愛の原理

Love comes and goes... and a new one comes again and again …
Love is everywhere if you're not fixed.
Sometimes when outer love relationship doesn't seem to be active you can be so excited within giving equal freedom and chances to both the male and the female.

“Mum, I was right not to get married, ain't I?”

愛は来ては去って行く。そしてまた、新しいのがやってくる。何度でも、何度でも。
こだわらなければ、愛はそこらじゅうにあるんだね。
外側の恋が活発でないときは、内側の恋に燃えるとき。男性性と女性性の両方に同じだけの自由とチャンスをあげよう。

「ママ、お嫁に行かなくて正解だったでしょ?」

P2161557_convert_20120216132213.jpg

テーマ : ひとりごと
ジャンル : ライフ

Somehow I Knew... / 予知能力か、偶然か?

On 10 Mar, just a day before the earthquake, we were reviewing the news topics which we had been studying in the English course for the last 6 weeks. Many of them were about ecology and environmental issues. Our teacher asked us; “Are you optimistic or pessimistic about the global ecology?”. I answered; “I don't want to be pessimistic but the situation is quite serious and maybe we'll have to go through a total catastrophe sooner or later (I remember the teacher corrected my pronunciation for catastrophe). And those who survive may create a new world with a different dimension of consciousness.”

東日本大震災の前日、3月10日にサイマルアカデミーのクラスで過去6週間に勉強したニュースのおさらいをしていました。生態系や環境問題に関するものが多く、先生は私たちに「あなたは地球環境の未来に楽天的ですか、悲観的ですか?」と聞きました。私は、「悲観的ではいたくないけれど、現実の状況はきびしく、大災害は免れないでしょう。生き残った者たちが全く異なる次元の意識に目覚め、新世界を創造するのかも知れません。」と答え、大災害=catastrophe の発音を指摘されたことを覚えています。

The devastating earthquake in Japan may be only the beginning. Isn't it too cruel if much more price has to be paid even it's meant to be so.

今回の日本の大災害は、ほんの序章にすぎないかもしれません。それが存在の意図とは言え、もっと多くの犠牲が払われないといけないのかな?残酷すぎるね。


After the earthquake one of the 2 wine glasses that my lover gave me broke when I picked it up gently for washing. Later I told him that I felt I was losing him. He denied but it felt too symbolic and that's exactly what had happened 2 weeks later.

地震の後、彼からもらったペアのワイングラスがひとつ割れました。洗おうとして持ち上げただけなのに。きっと彼を失うという象徴なのだとなぜか確信しました。彼は否定しましたが、やはり2週間後にそれは現実になりました。

P3161499_convert_20110403033911.jpg


Losing security anywhere outside I'm reminded again to reconnect with my only security, the inner resource which knows no death. And that's what we were practicing in the White Essence Training.

外側のセキュリーティーを失ったことで、唯一の安全な場所、決して死なない内なる源泉につながることを思い出させてもらいました。それは絶妙なタイミングで、ホワイト・エッセンスのトレーニングで学んだことでもありました。

Too good to be true...

IMG_8315_convert_20110403005142.jpg

テーマ : 生きることは学ぶこと
ジャンル : ライフ

Profile / プロフィール

devayoko

Author:devayoko
通訳・翻訳者、瞑想指導者、ボディーワーカー、クリーン・ファシリテーター。
1986年より、ヨガ、瞑想、心理セラピー、ボディーワーク、ダイエット体験を深め、2000年より、マッサージ・セッションを開始。
日本、インド、イギリス、イタリア、デンマーク、オーストリア、トルコで世界中の老若男女にセッションをした豊富な経験を持つ。
2013年、英国クリーン・ラーニングのトレーニングを終え、公認ファシリテーターとなる。

真に人を自立に導く、まったく新しいコーチング・メソッド、「ク-ン・ランゲージ」のセッションを随時行っています。まずは、約20分の「リソース育てのミニ・セッション」(無料)をお試しください。(スカイプ可)

http://www.cleaninquiryjp.com/

New Release / 最新記事
Categories / カテゴリ
Links / リンク
Coments / 最新コメント
Archives / 月別アーカイブ
Search / 検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる