FC2ブログ

from Austria to Denmark / オーストリアからデンマークへ

格安航空ライアンエアの厳しい重量制限・・・チェックイン・ラゲーージ15キロ、キャビン・ラゲージ10キロ。グラーツの空港では、チェックイン時に測られ、搭乗ゲートでもう一度測られる。身体検査で体重を測られる前のように、ドキドキします。
P4121428_convert_20100414231013.jpg


London / Stansted空港近くのホテル(キングス・アームスというパブの2階)に1泊。
P4121431_convert_20100414231142.jpg


「キングス・アームス」のすぐ近くに「クィーンズ・ヘッド」  
P4121434_convert_20100414231319.jpgP4121439_convert_20100414231412.jpg


古い家々が並ぶ街並み   
P4121433_convert_20100414231520.jpgP4121430_convert_20100414231626.jpg

イギリスも春です。
P4121437_convert_20100414231726.jpg



デンマーク(リスクにて)
P4141440_convert_20100414231845.jpg

デンマークも春です。でも寒い!
P4141445_convert_20100414232042.jpg

P4141444_convert_20100414232134.jpg

P4141441_convert_20100414232224.jpgP4141443_convert_20100414232311.jpg






スポンサーサイト



テーマ : 海外生活
ジャンル : 海外情報

from Italy to Austria / イタリアからオーストリアへ

I've come to Graz, Austria from Italy by 4 trains and a coach which was a whole day journey!
イタリアから4つの電車と1つのバスを乗り継いで、一日がかりでオーストリアのグラーツに来ました

Traveling by Italian train reminds me of India. Dirty, chaotic, and disorganized. But you can still trust existence in the middle of the chaos. I managed to catch the coach in Venezia helped by a clown who was on the same train with me.
インドに限りなく近いイタリアの鉄道事情。まいった、まいった。ヴェネチアでバスへの乗り換え時間がわずか10分。駅には何のサインもなく、外へ出るとなんのサインもないところにそのバスは止まっていた!この親切なクラウンのお兄さんに助けてもらって、何とか乗車することができました。この人、クラウンの恰好で電車に乗っていたのです!
P4021434_convert_20100406041317.jpg

from the coach window
バスの車窓から
P4031437_convert_20100406043234.jpgP4031436_convert_20100406051910.jpg

From Villach Station, Austria suddenly everything is clean and modern....but scarily no people! Because of the ester holiday?
バスが国境を越え、Villachという、オーストリアの駅に着くと、いきなり近代化。エスカレーター、あります。リフト、あります。トイレ、きれいです。サイン、わかりやすいです。でも、人がほとんどいない!怖くなるぐらい人がいないのです。いくらイースターとはいえ・・・イタリアの駅はあんなにごった返していたのに。
P4031440_convert_20100406043835.jpgP4031441_convert_20100406044515.jpg

P4031443_convert_20100406045518.jpgP4031444_convert_20100406050521.jpg

from the train window
世界の車窓から・・・たら・ら・ら・っら・ら~りら・た~ら~・ら~
P4031449_convert_20100406060159.jpg

P4031445_convert_20100406052659.jpg

P4031456_convert_20100406060944.jpg

At the last changing station Bruck everything was closed and I had to wait for 1 hour starving. I was happy that at least the machine was working to carry my luggage. Finally I arrived in Graz picked up by Joachim and Inge of "Best of Spirits" http://www.bestofspirits.at/ueber_uns.shtml
最後の乗り換え駅、Bruckでは、バー、売店、切符売り場、すべてシャッターが下りていました。空腹に耐え、待つこと1時間。疲労困憊の身に、この荷物専用エスカレーターはありがたかった。そしてようやくグラーツの駅に着き、ベスト・オブ・スピリッツのヨアヒムとインゲに迎えられました。
P4031459_convert_20100406062853.jpgP4031460_convert_20100406062244.jpg

I took it for granted when they told me that no booking should be expected during the ester holiday and that's why I dare to travel this super economy class journey thinking to have a good rest for 2 days. Unexpectedly 3 session were booked from the next day starting at 9 a.m.!
「イースターのホリデーが終わるまで、ブッキングは期待できないわ」ということだったので、この格安強行旅程を決行して、丸2日は休むつもりでいたのに、いきなり明日の朝9時から、3セッション入ったと言われ、うれしい悲鳴をあげました。


P4051390_convert_20100406064944.jpg

P4041389_convert_20100406065154.jpg



テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

Korean air / 大韓航空

My departure from Tokyo to Bombay was 11/ 01/2010. I flew by Korean Air using the accumulated mileage. I prefer Asian airlines because of the food and the kindness of the stewardesses. Don't call them "cabin crew" or "flight attendant", no, they are young, beautiful and mostly thin stewardesses. How different they are from the arrogant "cabin crew" of the western airlines who can scold the customers. It depends on the situation whether I welcome the Asian geisya conditioning.

Their new uniform is so cute. Is it coincident that their hair ornament looks like geisya's KANZASHI?
http://www.koreanair.com/local/jp/ld/jpn/au/ga/jpn_au_ga_ktv.jsp?NO=781&currpage=1&lang_code=JP#

On the flight from Seoul I met my Japanese friend M-chan who lives in Holland. We enjoyed the bibimba dinner (without meat) very much!

東京からボンベイ(ムンバイ)へ、ぞろ目な1月11日に出発しました。貯まったマイレージを利用して、大韓航空ただフライト。やっぱり、アジア系の航空会社はいいな~。ごはんがおいしくて、若くて、きれいで、たいてい細ーいスチュワーデスさんたちが、やさしくお世話をしてくれるんだもの。最近は、キャビンクルーだとかフライトアテンダントと呼ばれているようですが、スチュワーデスさん。さん付けですよ、優しいスチュワーデスさん。客を叱りつける横柄な態度のヨーロッパ系航空会社のキャビンクルーとは訳が違うんです。自分が受ける側の時は、アジアの芸者コンディショニング、大歓迎!

ターコイズブルーと白基調の新しい制服がなかなかセンスよろしくて、髪飾りが芸者のかんざしのように見えるのは、偶然かしら~?
http://www.koreanair.com/local/jp/ld/jpn/au/ga/jpn_au_ga_ktv.jsp?NO=781&currpage=1&lang_code=JP#

ソウルからの便で、オランダ在住の友人、Mちゃんにばったり出会いました。またしても、サニヤシン引き合うの法則?!美味しいビビンバ丼、お肉をよけて堪能しました。

P1111560_convert_20100116122204.jpg

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

Profile / プロフィール

devayoko

Author:devayoko
通訳・翻訳者、瞑想指導者、ボディーワーカー、クリーン・ファシリテーター。
1986年より、ヨガ、瞑想、心理セラピー、ボディーワーク、ダイエット体験を深め、2000年より、マッサージ・セッションを開始。
日本、インド、イギリス、イタリア、デンマーク、オーストリア、トルコで世界中の老若男女にセッションをした豊富な経験を持つ。
2013年、英国クリーン・ラーニングのトレーニングを終え、公認ファシリテーターとなる。

真に人を自立に導く、まったく新しいコーチング・メソッド、「ク-ン・ランゲージ」のセッションを随時行っています。まずは、約20分の「リソース育てのミニ・セッション」(無料)をお試しください。(スカイプ可)

http://www.cleaninquiryjp.com/

New Release / 最新記事
Categories / カテゴリ
Links / リンク
Coments / 最新コメント
Archives / 月別アーカイブ
Search / 検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる