FC2ブログ

Radioactive Contamination / 放射能汚染

I'm back in Japan.
The government is still repeating the same sentence, “there's no immediate effect on your health”, now 6 months after the earthquake. Of course we don't see the effect yet. By the time when the effect becomes obvious maybe in 10 years or 20 years many of those bureaucrats will be retired. Saying half truth and letting people decide the other half is the common strategy of the cunning politicians. Saying half truth is worse than lying.
I am touched by the statement of an assistant professor Mr. Koide of Kyoto University that he is willing to eat the contaminated vegetables produced in Fukushima in order to take responsibility for not being able to stop the nuclear power plant in spite of 40 years of the opposition movement and because he wants to support the agriculture of Fukushima and yet he doesn't want to feed children those vegetables. He is right that we, all adults, are responsible for having being deceived by the whole conspiracy of the electric corporation, the government, and the mass media. I still don't know in what way I can take my responsibility. I want to be at least more conscious not to be deceived anymore. But I'm not as brave as Mr. Koide. I'm terribly afraid of being exposed to radiation externally and internally.
東京に帰ってきた。
震災後6ヶ月が過ぎた今も、政府は相変わらず、「ただちに健康に害を及ぼすことはない。」を繰り返している。確かに被害はただちに出ない。10年後、20年後に被害が多発するころ、今の多くのお役人たちは定年退職していることだろう。真実の半分を言い、残りの半分を人々に決めさせるというのは、政治家のいつもの手口だ。真実の半分だけを言うのはウソよりひどい。
京都大学助教授の小出先生は、40年間原発に異を唱えてきたにも関わらず、原発を止められなかった責任を取る意味で、あえて福島の野菜を自ら率先して食べようとおっしゃる。それは福島の農業を守りつつも、子どもたちには絶対食べさせてはいけないという理由によるものだ。私も小出先生がおっしゃるように騙された者にも責任はあると思うが、その責任の取り方がまだわからない。せめてこれ以上騙されないよう、意識を研ぎ澄ましていたい。私は小出先生のように立派ではなく、どうしても被曝は怖い、外部被曝も、内部被曝も、できる限り避けたい。

Mr. Takeda of Chubu University says in his blog that some supermarket aimed at foreigners in Tokyo indicate the results of the radiation test.
Neither Meidi-ya nor National Azabu in my neighborhood shows such indications. Instead National Azabu has a large stock of vegetables grown in Chubu or Kansai area and westward.
What I've bought are;
3 onions from Awaji-shima, 280 yen,
1 garlic from Ohita, 280 yen,
6 eggs from Okayama, 280 yen,
and a radicchio from Nagano, 180 yen.
中部大学の武田邦彦先生のブログに、「東京の外国人向けスーパーではベクレル表示がしてある。」と書いてあった。うちの近所の明治屋かナショナル・麻布に違いないと目星をつけ、帰国後さっそく出かけてみたがウソだった。ナショナル・麻布ではごく一部の野菜に限り、生産者が独自に調査したものを表示しているだけのこと。それでも一般的なスーパーと断然違うのは、中部、関西以西の野菜の品揃えが多いということだ。今日購入した4品は・・・
淡路島産たまねぎ、大3個、280円。
大分産にんにく、中1個、280円。
岡山産たまご、中玉6個、280円。
長野産ラディキョ、中1玉、180円。

P9251720_convert_20110927022041.jpg

Cucumbers from Kyoto were sold out. I didn't want to buy those from Tohoku or Kanto area even though some of them might be safe. What I want is the precise figures to indicate the risk! How long can I continue such a way of shopping? Isn't it all meaningless to chose according to the producing area anyway if the contaminated soil is sold all over the country?
きゅうりが欲しかったが、京都産は売り切れで残っているのは東北と関東のものだけだった。たとえ福島産だって、安全な野菜もあるはずなのにベクレル表示がないということは、自分がどれくらいリスクを背負うのか解らないということだから、半ば意地になって買わなかった。でも、こんな買い物、いつまで続けられるか?精神的にも、財政的にも。そもそも産地で選ぶなんて、もうすでに意味のないことかもしれない。放射能に汚染された肥料土が全国に出回っているのなら。

On the other hand at one of the ordinary supermarkets I used to go many people were buying the new rice from Tohoku area. The government's strategy, the myth of “safety”, seems to be working whereas I bought 10 kg of last years leftovers.
一方、震災前までいちばん利用していた一般スーパーでは、多くの人が東北各地の新米を購入していた。政府の安全神話政策は功を奏しているようだ。私はわずかに売れ残っていた昨年のお米を10キロ購入し、パッケージに偽装はないかと確認までして、店員にいやな顔をされた。あとでもう10キロ買っておこう。
スポンサーサイト



テーマ : 暮らし・生活
ジャンル : ライフ

Profile / プロフィール

devayoko

Author:devayoko
通訳・翻訳者、瞑想指導者、ボディーワーカー、クリーン・ファシリテーター。
1986年より、ヨガ、瞑想、心理セラピー、ボディーワーク、ダイエット体験を深め、2000年より、マッサージ・セッションを開始。
日本、インド、イギリス、イタリア、デンマーク、オーストリア、トルコで世界中の老若男女にセッションをした豊富な経験を持つ。
2013年、英国クリーン・ラーニングのトレーニングを終え、公認ファシリテーターとなる。

真に人を自立に導く、まったく新しいコーチング・メソッド、「ク-ン・ランゲージ」のセッションを随時行っています。まずは、約20分の「リソース育てのミニ・セッション」(無料)をお試しください。(スカイプ可)

http://www.cleaninquiryjp.com/

New Release / 最新記事
Categories / カテゴリ
Links / リンク
Coments / 最新コメント
Archives / 月別アーカイブ
Search / 検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる