FC2ブログ

Clean Language / クリーン・ランゲージ

Clean Language is a neuro linguistic programming technique founded by a New Zealand born consulting psychologist David Grove in the 1980s that is used especially in psychotherapy and coaching.

クリーン・ランゲージは、ニュージーランド出身の心理カウンセラー、デヴィッド・グローブが心理セラピーやコーチング用に創案した神経言語プログラミングの技法です。

P3241889_convert_20130417163133.jpg P4171842_convert_20130417171039.jpg

Therapies, including bodywork, have been evolving every day. Through learning this new technique Clean Language, I've come to know that the therapies are actually coming closer to meditation. Therapies that work on clients' problem directly were the norm 2-3 decades ago and this approach still seems to be successful today in the marketplace around the world. My meditation master Osho had encouraged us to go through therapies as a preparation for meditation even at that time. It was noticeable when so called resource work started popping up out here and there in the west. The work has changed in such a way that without touching the wound (problem) the therapist supports and nourishes the healthy quality (resource) that the client already has. Such resource work based on the idea that it is the client who has the answer (solution) works better when the therapist interfers less in the client by assuming, suggesting, or/and encouraging. Clean Language is a new way of using words to avoid the interference. Keeping the relationship between the client and the therapist as clean as possible, Clean Language supports the client to find his own path for his desired outcome and to walk on his own.

ボディーワークも含めてセラピーは日々進化しています。このクリーン・ランゲージという技法を知って、セラピーがいかに瞑想に近づいているかを目の当たりにしました。20~30年前は問題に直接働きかけるセラピーが主流で、今も巷ではそのタイプが健在です。そしてその当時から瞑想の恩師Oshoは、ストレス社会に生きる現代人がセラピーを瞑想の準備として利用するよう、奨励していました。その後、欧米でちらほらとリソース・ワークが始まり、傷口(問題)には直接触れず、クライアントがすでに持っている健全な質(リソース)をさらに育てていくという方法に変わってきました。答えはクライアント自身が知っているという前提のリソース・ワークはセラピスト側の介入(推測、助言、励まし等)が少なければ、少ないほどうまくいくので、その介入を避けるための新しい言葉使いがクリーン・ランゲージです。クリーン・ランゲージはクライアントとセラピストの関係をクリーンに保ちつつ、クライアントが自分の思い描く人生を自分で見つけ、自分自身の足で歩んでいけるようサポートします。

555080_10151383177649671_1701670807_n_convert_20130417163953.jpg 480439_10151383173384671_1229463411_n_convert_20130417163844.jpg

Clean Space is a developed version of Clean language which takes a dialogue form, and the farther developed version of Clean Space is Emergent Knowledge. In these sessions the client doesn’t need to tell his issue (problem, trouble, or desired outcome) to the facilitator. The facilitator, without knowing your issue, facilitates by repeating some simple questions, the client finding clues for the answer from different viewpoints. What a relief to know God within. “There's nobody else but me who knows better!”

対話形式のクリーン・ランゲージをさらに発展させた形がクリーン・スペース、そのさらに発展形にエマージェント・ノレッジというセッションがあります。このセッションでは、クライアントはファシリテーターに自分のテーマ(問題、課題、目標、願望など)を語る必要もありません。一定のスペース内で立ち位置を変えるたびに、無意識層から智恵ともいうべき洞察がやってきます。トレーニング中何度もクライアント役になり、自分自身から泉が湧き出るような感覚を味わうことで大きな自信につながりました。「私以上に答えを知っている人はいなかったんだ!」と。

184987_10151383173519671_1158718094_n_convert_20130417163753.jpg 734298_10151383178759671_478930104_n_convert_20130417164104.jpg

I've started paying more attention to our ordinary conversation in every aspect of my life since the Clean Language Training. I've understood why misunderstandings occur between us. You never know if your kind suggestion or encouragement is not only unhelpful but harmful. Unfortunately many body workers are either indifferent or interferential and therefore unclean. As a chronic disease patient myself, I know how a single word of a body worker, a healer, a therapist, or a doctor could influence the client dramatically, no matter what he does physically.

CLのトレーニングを終えてから、日常の会話に注意深く耳を傾けるようになりました。家族、友人との会話になぜ誤解が生じるのか理解しました。また、相手への助言、励ましが相手を深く傷つけることもあるのだと気づきました。体を扱うボディーワークの中にもリソース・ワークは様々ありますが、その言葉使いも含めてクリーンと言えるものはそう多くはないでしょう。私自身、長年の慢性病で数えきれないほどのボディーワーカー(医者を含む)にお世話になった経験から、言葉の持つ影響力は物理的な治療を凌ぐものだと実感します。


Because Clean Language makes people more responsible and spontaneous, the technique has been applied to the business and education in the western world. I'd love to keep studying and practicing Clean Language, hoping it will spread throughout Japan too.

クリーン・ランゲージはクライアントの責任感や自主性を育てるという効果から、欧米ではすでにビジネスや教育現場で活用されています。日本にもこの素晴らしいワークが広まるよう、研究と練習を重ねたいと思います。

Clean Language in Japan
日本でのクリーンランゲージの活動
こちらからワークショップやトレーニングに参加できます。
クリーン・ライフ

Clean Language in UK
Clean Learning

スポンサーサイト



テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとう

ご紹介ありがとうございます。

みんなといっしょにクリーンランゲージの楽しさを広げて行けると良いですね。

Love, Daso
Profile / プロフィール

devayoko

Author:devayoko
通訳・翻訳者、瞑想指導者、ボディーワーカー、クリーン・ファシリテーター。
1986年より、ヨガ、瞑想、心理セラピー、ボディーワーク、ダイエット体験を深め、2000年より、マッサージ・セッションを開始。
日本、インド、イギリス、イタリア、デンマーク、オーストリア、トルコで世界中の老若男女にセッションをした豊富な経験を持つ。
2013年、英国クリーン・ラーニングのトレーニングを終え、公認ファシリテーターとなる。

真に人を自立に導く、まったく新しいコーチング・メソッド、「ク-ン・ランゲージ」のセッションを随時行っています。まずは、約20分の「リソース育てのミニ・セッション」(無料)をお試しください。(スカイプ可)

http://www.cleaninquiryjp.com/

New Release / 最新記事
Categories / カテゴリ
Links / リンク
Coments / 最新コメント
Archives / 月別アーカイブ
Search / 検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる